入庫・買取実例

隠れた名車、FR最終セリカに再注目したい!

DSC05609
現在販売されている新車のほとんどがFF、つまりフロントにエンジンを積み前輪を駆動するフロントエンジン・フロントドライブ方式を採用している。でも、それじゃスポーツドライブは楽しめないと、トヨタは率先してFRスポーツの86をスバルの力を借りて開発した。だからFF車の量産に邁進したような印象を受けるトヨタだが、実はFF化に対して非常に慎重だったという事実もある。

ベーシックカーのスターレットは3代目となる1984年までFRだったし、今なお絶大な人気を誇るAE86レビン・トレノは87年まで作られた。80年代前半はまだまだFR車が多かったのだ。それなのにイマイチ忘れがちなのがセリカ。確かに4代目で登場した4WDのGT-FOURが生まれ変わりWRCでチャンピオンになったから、セリカといえば4WDみたいなイメージが強い。けれど、85年まで作られた3代目A60系はFRらしい操縦性が楽しめる名車。もっと評価されてもいい隠れたファン・トゥ・ドライブの筆頭なのだ。
DSC05578

確かにより軽くて振りまわせるAE86が存在するし、豪華で端正なスタイルの上級車セリカXXまである。でも日本で初めてツインカムターボエンジンを搭載したのはセリカだし、AE86に積まれた名器4A-Gだって採用されている。人気が低い割にツインカムエンジンを全開にして後輪を軋ませる楽しみが味わえる、いわば旧車入門に打ってつけなのだ。
DSC05551
DSC05632

え、どうせAE86みたいに軽快に走らないし、XXに比べたら4気筒だから安っぽいって? そう思われるなら乗ってから評価していただきたい。AE86より150kg近く重いけれど、軽すぎないから挙動が安定していて「良いモノ感」は別格。かといってXXみたいに鼻先が重くないからハンドリングは軽快。人気が低いから売り物は少ないし今でも乗っている人なんて極わずかだから街乗りでも目立つ。ノーマルに近いクルマを選んでおけば長く楽しめるはず。もっと見直してもイイと声を大にしていお伝えしたい!

DSC05621

「旧車・絶版車」の「販売・改造・レストア」
ならヴァベーネにお任せください!