入庫・買取実例

旧車買取情報 メカドックばりのセリカXX 2J-Zターボ仕様

旧車買取情報

角張ったボディながら、リトラクタブルヘッドランプとハッチゲート付きファストバックスタイルが何ともカッコ良かったセリカXX。
初代ソアラと共通性が高いけれど、どちらかといえば安価な価格設定でスポーツカー好きのハートをガシッと掴んだ名車。
一時は底値になってボロが多く出回っていたけれど、今じゃ旧車ブームのアオリで高値安定中。もう程度の良くないXXは淘汰されたのか、手頃なチューニングベースではなくなってしまったのが悲しい…
dsc08999
ノーマルで乗ってもサマになるんだけれど、やっぱりイジリたい!という人も多いでしょう、漫画「メカドック」の影響は否定できないから。
漫画ではボアアップしてターボを積んで、最終的にNOSまで付けてしまった。
ある意味最強のマシンだったけれど、今じゃもっと簡単に速くする方法がある。
言わずと知れたトヨタの名機2J-Zをスワップしちゃうこと。
ドリ車で人気のエンジンになったのは、エンジン本体をイジらずタービンTO4-Z、それにVプロ制御で簡単に500psくらい出ちゃうから。
ドリ車を作るんなら、まさにドンズバなエンジン。
dsc08943
これをセリカXXに積んだらどうなるか?
なんて考えただけでも楽しくなるでしょ。
あの80年代的カクカクスタイルが好き、でも今乗ったら遅くてガッカリ、なんて人なら間違い無く選択肢の一つになるクルマの登場だ!
そう、2J-Zを積んだXXなのだ。
しかもタービン交換して吸排気系もバッチリとセッティングされている。
実測馬力は不明ながら、間違い無く新しいチューンドカーとタメ張れる実力。
でもボディは弱いからロールケージやストラットバーで補強。
dsc08910
肝心なのは見た目ノーマル。これってある意味、80年代の旧車を楽しむなら外せないこと。
もう古いスタイルをカスタムして主張するなんて古い。
ノーマルボディで速いっていうのがイマ流なのだ。
dsc08924

もちろん足回りは車高調を入れて強化。
そして肝心なことだけれど、程度が良い!
この年代のクルマに乗るなら、サビたボディとか傷だらけの内外装というのはやめてほしい。
せっかくこだわって旧車に乗るんだから、どこから見てもバッチリに仕上がっていてほしい。
ただ、イチから手を入れたら費用は天井知らず。
ベース車を買ってきてココまで仕上げようと思うなら、すでに仕上がったクルマを買う方がオトクだし費用を他に回せるってもの。
今からメカドックするのならイチオシだ!
dsc08984



旧車・絶版車専門店ヴァベーネ 販売・買取・改造・レストアなんでもおまかせ!

他社よりも5万~50万以上UP!全国無料出張査定!!事故車・廃車・ローンでお悩みの方まずはお気軽にご相談下さい。
お問い合わせはこちら↓↓

TEL:03-3742-3255

査定依頼はこちらからもできます。
旧車を今すぐ査定する
友だち追加数
Lineで最新情報を配信中! 登録してね(^^)/