ヴァベーネ情報

旧車入庫情報 出た!ノーマルのZ31だ

旧車入庫情報

フェアレディZは不思議なクルマで初代ばかりが人気となって、のちのモデルになると旧車としての人気はイマイチ。
やっぱり初代のロングノーズ・ショートデッキスタイルが強烈だったからだろうけれど、80年代に青春を過ごした者にとって忘れられないのがZ31ではないだろうか?
dsc05008
130のどちらかといえばラグジュアリー向けに振った性格から一転してスポーツ性を強調。
特に86年にマイナーチェンジした後期型はアメリカの日産デザインセンターが主導してフラッシュサーフェス化を進めた結果、前期までの無骨ささえ感じたスタイルが華々しく大変身。
「Zイズム」と語るテレビCMもメチャクチャにカッコよかった!

しかもV6であるVGの代わりに2リッター版に直6DOHCターボという、日産党にとっては最強のエンジンを新採用。
さらなるスポーツ性の向上がアピールされた。
もちろん3リッターの300ZXは変わらずにVG30が採用されたけれど、こちらには輸出仕様と同じ専用ワイドボディが与えられた。
前後のフェンダーが膨らみ、明らかに2リッターとは異なりド迫力。
国産でこんなにカッコいいクルマができるんだ!と賞賛されたものだ。
dsc05005
ところが近年ではZ31も姿を減らす一方。
その後に発売されたZ32のインパクトがさらに強かったから仕方ないのかもしれないけれど、ハーフカバーを備えるヘッドライトの凄みはZ31でしか味わえない。
何より、ロングノーズを継承した最後のZということもファンには魅力なはずだ。
今改めて探してみると、やっぱりZ31は絶望的に少ない。
もう買うことは諦めた、という人も多いのではなかろうか?
dsc04999
ところが! お待たせしました、と声を大にして言いたいZ31が緊急入庫した。
見てお分かりのように内外装はほぼノーマル。
アルミを変えて車高を若干落としたくらいの300ZXがまだ残っていたなんて感激だ。
dsc04981
新車時の塗装は部分的に補修されてはいるものの、ところどころに痛みはある。
でも30年近く前に作られたクルマなのだからこれくらいは普通。
というか程度はいいほう。
dsc05050
残念ながら本革シートは破れてしまっているけれど、これは何とでも補修できる。
それよりステアリングをはじめとした装備がノーマルのまま残されていることに感謝したい。
dsc04972
これをキレイに化粧直しして乗っていたら、まさに気分は80年代のリッチなヤング・エグゼクティブ。う~ん、乗ってみたい!



旧車・絶版車専門店ヴァベーネ 販売・買取・改造・レストアなんでもおまかせ!

他社よりも5万~50万以上UP!全国無料出張査定!!事故車・廃車・ローンでお悩みの方まずはお気軽にご相談下さい。
お問い合わせはこちら↓↓

TEL:03-3742-3255

査定依頼はこちらからもできます。
旧車を今すぐ査定する
友だち追加数
Lineで最新情報を配信中! 登録してね(^^)/