入庫・買取実例

旧車 DR30鉄仮面入庫情報 これなら買いだ!

旧車 DR30鉄仮面入庫情報

しばらく前までは手頃に買える古いスカイラインとして人気だったDR30。
NAなら格安な物件もチラホラ見られたけれど、80年代車のブームが到来して価格が高騰。
特に前期の3本グリルは西部警察仕様にしたい人が多いから人気はグングン上がった。
後期の「鉄仮面」はその点ブームに関係なく価格も人気も安定していたものの、2年前くらいから急に高騰し始めた。
特に最もハイパワーなターボC、正式にはターボRSインタークーラーとなると300万円とか400万円なんて物件まで見受けられる。
はて、どうしたものか・・・。
正直、こう思うのは古くからのファンだろう。
私も若い頃、240RSのピストンなどを組んで2.4リッターにしたターボCを買おうとしたことがあった。
先輩からの紹介だったから、その頃は「20万でいいよ」なんて時代だった。
そう考えると隔世の感があるけれど、それから今まで維持する苦労を考えたら仕方がないとも言える。
手軽なハイパワー車がこれだけ増えても故障を乗り越え維持するのは大変なこと。
まして補修部品はなくなる一方だから、これから乗るならしっかり直されたもの、手が加えられたものを選ぶのが無難というもの。
ただ、それらは軽く300万越え・・・
ところが! 出ましたよ!


なんと100万円台で買えるターボCの登場だ!
走行距離こそ20万キロオーバーだが、それは今までしっかり走り続けてきた証拠。
それだけ走っているなら壊れるところはひと通り壊れて修理されていることだろう。
そう考えれば、買った後に手こずる可能性が低いから納得できるというものだ。
当然塗装も過去に何度か化粧直しされていることだろう。

嬉しいのは人気の赤黒ツートンということで、DRといえばコレしかない。
しかもサイドのデカールがしっかりしているので、ボディについてはしばらく何も考えなくていいだろう。

室内で特筆できるのはダッシュボードがキレイなこと。
この年代だと割れてボロボロになっているものが珍しくない。
なのに、これだけの状態をキープしているから保管にも気を使われていたクルマなのだと推測できる。


ただ、フロントシートは左右ともバケットタイプに変更されている。
峠を中心にサーキットも走るという人なら、逆にお買い得かもしれない。

そして肝心のエンジンや足回りだが、これはもう写真を見てもらえれば分かるようにひと通り手が加えられている。

足回りには車高調が入っているので、これもリフレッシュされていると考えていいだろう。
これだけの状態で188万円なら何も迷うことなく買っていいと断言しよう。


ただ、テールランプの手直しは必要かもしれないので、その点だけ納得できればいい買い物になるだろう。



旧車・絶版車専門店ヴァベーネ 販売・買取・改造・レストアなんでもおまかせ!

他社よりも5万~50万以上UP!全国無料出張査定!!事故車・廃車・ローンでお悩みの方まずはお気軽にご相談下さい。
お問い合わせはこちら↓↓

TEL:03-3742-3255

査定依頼はこちらからもできます。
旧車を今すぐ査定する
友だち追加数
Lineで最新情報を配信中! 登録してね(^^)/