入庫・買取実例

旧車 カリーナ買取情報 アシのイイやつ!

旧車 カリーナ買取情報

1970年にセリカの兄弟車として発売されたカリーナ。
最高グレードにはDOHCエンジンを搭載して、4ドアセダンながら2ドアクーペのセリカとほぼ同じ性能が楽しめた。
これぞまさに羊の皮を被った狼。
え、そりゃハコスカだろうって?

いやいや、カリーナを侮ってはいけない。
軽い車体に1.6DOHCエンジンの組み合わせは、まさに俊足。
もちろん後輪駆動のFR車なので、時にはドリフトしながらコーナーを攻めるなんて走り方が実によくキマル。
軽量なボディだからスカイラインのようにエイヤッと気合いを入れて走らなければならないなんてこともなく、運転手の操作に実によく応えてくれるのだ。

そんなカリーナも81年に発売された3代目で、長らく現役を続けてきたテンロクDOHCの名機、2T-Gから4A-Gに切り替わる。
そう、ハチロクに積まれた名エンジンがセリカ・カリーナにも搭載されていたのだ。
でも、その前に日本初のDOHCターボである3T-GTEU搭載車が発売されていたので、どちらかといえばターボのイメージも強い。
83年のマイナーチェンジで4A-GEUが新設定された時は、ターボパワーより高回転でのレスポンスが評価され、アシのイイやつというキャッチコピーそのままに、ターボよりDOHCエンジンが歓迎されたもの。

そんなカリーナも次の4代目でFF化。
走りのモデルという意味では3代目が最後みたいな印象が強い。
でもそれも30年前の話で、今や当時のことを覚えているのは50代前後の人ばかりになってしまった・・・。
でも忘れてはいけない!
日本には4ドアセダンのライトウエイトスポーツがあったということを。それを今に伝える歴史的なクルマの登場だ!

このカリーナ、実に程度が良い。
当時流行のホワイトボディは大きく歪んだりサビに侵食されることもなく、まるで80年代当時のままと言っていいレベル。
レンズ類もキレイなら、ウインドー周りのモールがすこぶる良い。


もはや補修パーツは絶望的にないので、こうした箇所がキレイというだけでも評価できる。
それにゴム類の状態が良いということは過去の保管状況も良かったと推測できる。
真っ先に劣化して行くのがゴムだから。

肝心の4A-Gエンジンは写真を見ればお分かりのように、エアクリボックスを換えたくらいで基本的にノーマル。
ヘッドカバーの塗装がしっかりしているということで、だいたいの程度も予想できるだろう。
タイミングベルトはしっかり交換済みだ。
そして足回り。


そもそも純正でもスポーツ走行を楽しめる設定だったが、このクルマはフロントに車高調、リヤにダウンサスとカヤバのSRダンパーでタイヤが被るくらいにローダウンしている。
硬く低いアシはコーナーを攻めるためにあるようなもの。
峠ばかりかミニサーキットでも存分にFRの走りを堪能できるセッティングと言えるだろう。


前後のアルミがあえてなのか、偶然なのかは不明だが別銘柄になっている。
これだけが好みで変更したくなる要素と言えるかもしれない。

室内は1箇所だけダッシュ割れがあるけれど、割れが進行しないように保護マットをつけている。
そしてシート。


運転席にはレカロが奢られ、スポーツドライビングにしっかり対応してくれる。
しかも助手席やリヤシートは非常に状態が良いままなので、運転席さえ手に入ればいつでもフルノーマル仕様も楽しめる。


数が少なく程度の良いものが極端に減った今、FRセダンの名車を手に入れるのは最後のチャンスかもしれないぞ。



旧車・絶版車専門店ヴァベーネ 販売・買取・改造・レストアなんでもおまかせ!

他社よりも5万~50万以上UP!全国無料出張査定!!事故車・廃車・ローンでお悩みの方まずはお気軽にご相談下さい。
お問い合わせはこちら↓↓

TEL:03-3742-3255

査定依頼はこちらからもできます。
旧車を今すぐ査定する
友だち追加数
Lineで最新情報を配信中! 登録してね(^^)/