入庫・買取実例

[旧車買取情報 スープラ]これぞトヨタスポーツ

もはやトヨタにはセリカがなくなりスバル開発の86しかスポーツカーはない。
もちろん86もいいクルマだが、スポーツカーにはターボパワーが欲しい!という気持ちは根強い。
考えてみれば80年代から90年代はよかった。
それこそパワー合戦の時代だったし、各社必ずターボエンジン搭載のスポーツモデルを用意していた。
それらの中でロングノーズ・ショートデッキの2ドアスポーツクーペを代表する存在だったのがスープラだ。

日本では初代になる70スープラ(アメリカじゃセリカXXが初代スープラ)は、セリカから発展したシャシーにソアラからエンジンを拝借。
そのためソアラより若干安くて、でもスタイルは完全なスポーツカーに仕立てられた。
そのエンジンがイイ。2リッターはNAのDOHCもあったけど、やっぱりメインはツインターボ。
86年の発売当時は185馬力だったが相次ぐライバルに対応して88年には大台越えの210馬力へ発展。
1.5トン近く重いボディだから圧倒的とは言い難いけれど、ズ太いトルクが3000回転を超えたあたりからモリモリ沸き上がり、6000回転越えまでパワーが続く。
これを味わっちゃうと、なかなか他のクルマに目が向かなくなるのは確実。

しかも、大パワー車なのに後輪駆動と勇ましい。
やろうと思えばパワースライドなんてカンタンで、これぞスポーツカーと叫びたくなるだ!


その70スープラツインターボが、驚きの7万6000キロ台しか走っていない状態で登場したぞ。


ボディは黒、足元には当時軽量・高剛性で流用されまくったR32GT-Rホイールを履く。


これがブラックボディとの相性もバツグン。

エンジンや足回りはノーマルなので、素性としてはすこぶる良い。


それは内装を見てもわかることで、エアロトップで汚れやすいはずなのにグレーのシートは極上に近いほどキレイ。


ステアリングやシフトノブまで純正のままで、割れのないインパネは新車のような雰囲気を醸している。


マフラーだけ社外品になっているが、これはこれでウレシイ装備。おそらく純正は腐ってしまうだろうし、
音も1Gツインターボ特有のクオーンという雄叫びが楽しめる。
このスープラとすれ違ったら、若い頃乗れなかった人なら絶対に振り返ってガン見してしまうはず。


しかも乗っても古さを感じさせないほど機関良好。室内もキレイだから女性を載せたとしてもクレームが出るわけもない。


そしてこのスタイルは今のクルマが失ってしまったスポーツカーのロマンに溢れている。さぁ、これは早い者勝ちだ!

「旧車・絶版車」の「販売・改造・レストア」
ならヴァベーネにお任せください!