入庫・買取実例

[旧車買取情報 クラウン]今はなきピラードハードトップはいかが?

日本を代表する高級車だったクラウン。
1970年代はセドリック・グロリアと熾烈な販売競争を展開していたが、セド・グロが2ドアと4ドアそれぞれにハードトップを採用して一歩リード。
そこでクラウンもハードトップボディを用意したが、MS60/70時代「クジラ」と呼ばれるスタイルで見事にコケた。
そこでトヨタは74年に5代目となるMS80/90/100系にモデルチェンジ。
今度は見事に保守系デザインで古臭くもコンサバティブ。
当時の高級車層に受けセド・グロに一矢報いた。
この時、クラウンはハードトップに対して新たな手法を試みる。
ハードトップはセンターにピラーがないため、どうしてもボディがユルく側面衝突に弱い。
高級車であるクラウンがそんなことではイカン!となったかどうかはさておき、この代の4ドアハードは「ピラードハードトップ」というワケの分からんスタイルを採用した。
セダンほど重苦しくなくハードトップの軽やかさを備えた、とでも言おうか。
クジラに比べて伝統的なスタイルになったから、これはこれで正当進化としてあまり抵抗なく受け入れられた。
クラウンは中古車になってヤンチャ系の人たちから支持されなかったため、古くなればなるほど個体が残っていない。
特に排ガス規制がかかった70年代半ばからの5代目は見事に数を減らした。
いわば欲しくても買えない状況。そこに見事なまでのクルマが発掘されたぞ!


昭和51年式のまさに4ドアピラードハードトップ、しかも上級グレードのスーパーサルーン。

驚異的な走行距離は2万5000キロ台。

おそらく乗られていない時期があったと思われるが、アルミホイールとステンレスマフラーを装備しているので、ある時から旧車好きな人の手に渡ったのだろう。

そのせいか程度は極上と言っていいレベル。

しかもおかしな改造が施されていないから、クラウンマニアにも、この手の高級車を車高を下げて乗る人にもウケそうな状態をキープしている。

そして嬉しいことに、ミッションが4速MT。
まだまだAT比率が低い時代だったとはいえ、クラウンでMTというのはやはり希少。

M型6気筒エンジンを操るには、やはりMTが相応しい。ユルユルとした走りにも、ちょっと引っ張ってみる走りにも応えてくれる。
そして何より4ドアピラードハードトップの堅牢ながらも開放感あるスタイルとインテリアを楽しみたい。

補習歴のなさそうな黒ボディにMTを駆使した楽しめる走りを備えた70年代のクラウンなんて、そうそうないと断言しよう!



旧車・絶版車専門店ヴァベーネ 販売・買取・改造・レストアなんでもおまかせ!

他社よりも5万~50万以上UP!全国無料出張査定!!事故車・廃車・ローンでお悩みの方まずはお気軽にご相談下さい。
お問い合わせはこちら↓↓

TEL:03-3742-3255

査定依頼はこちらからもできます。
旧車を今すぐ査定する
友だち追加数
Lineで最新情報を配信中! 登録してね(^^)/