入庫・買取実例

[旧車買取情報]アシのいいFRカリーナ

カリーナといえば千葉真一、なんて古い方もいるだろう。
それならやっぱり「アシのいいヤツ」というフレーズが思い浮かぶはずだ。
セリカの兄弟車として生まれたカリーナは、初代からずっとスポーティなセダンというイメージで走りにこだわるお父さんの味方だった。
今やセリカともどもラインナップから消えてしまったけれど、通好みのスポーツセダンが今もあればいいなと思える。
そして走りにこだわるなら、どうしても譲れないのがFR。
後輪駆動じゃないクルマをスポーツカーとは呼びたくない。
4代目以降、カリーナはFFになり代々スポーツ色を薄めていった。
だからカリーナでスポーツというと、どうしてもA63の3代目まで。

後輪駆動にこだわりつつ、人と同じじゃ嫌だなんて人にピッタリなのがA63カリーナ。

今回はA63の中でもさらに数が少ないクーペの登場だ!

カリーナを買う人はセダンであることを重視したものだが、天邪鬼にもクーペのカリーナを選ぶ人だっている。
だからトヨタはコスト度外視で2ドアクーペまで用意していた。


クーペは少数派なのだが、嬉しいことに4A-GEU型搭載の1600GTが用意されていた今回のカリーナは、まさにこのGT。
DOHCターボのGT-TRもあったけれど、高回転までブン回して峠を攻めるならハチロクと同じ4A-GEUで決まりだ。


さらにさらに、このカリーナは4A-GでもAE111の5バルブエンジンに載せ替えられている!

A63カリーナは1トンちょっとしかないから、5バルブパワーが俄然光るのだ。


ECUはフリーダム製でバッチリ制御されているから、高回転を気持ちよく楽しめる。

走りのカリーナらしくエアダム装備。


車高調で低く構えたスタイルは精悍そのもの。


でも室内はMOMOステアリングにシフトレバーを変更したくらいでノーマル。


ダッシュ割れもなく純正シートの程度も良好。
これならお父さんも納得の仕上がりなのだ。

「旧車・絶版車」の「販売・改造・レストア」
ならヴァベーネにお任せください!