入庫・買取実例

[旧車買取情報 RX-7]ロータリーロケット登場! 

今も開発中とアナウンスされているマツダのロータリーエンジン。
言ってみればマツダのアイデンティティだったのがロータリーエンジンなわけで、新車ラインナップにロータリー搭載車がない現在は異常事態とも言える。
輝かしいロータリーエンジン搭載車といえばRX-7。その始まりは1978年に発売された初代SA22Cから始まった。

SA22C時代はサバンナRX-7と呼ばれ、スカイラインGT-Rに代わるツーリングカー王者サバンナの後継モデル。
軽量ボディにリトラクタブルヘッドライトを採用し、アメリカでも大ヒット。
でもSA22Cが不動のスポーツカーとなったのは、1983年に追加されたターボモデルにトドメを刺す。
165psを発生する12Aターボは小さなボディを200km/hオーバーへ誘った。
もちろんレースでも大活躍。RX-7という名前は世界中に轟いた。
ただ、耐久性に問題があり歴代RX-7の中でも残存率が極めて低い。
FCやFDにはコーナリング性能で太刀打ちできない。
けれど、軽くて小さなリトラクタブルボディとロータリーターボのロケット加速はSA22Cでしか味わえない。
そうお嘆きのアナタ、大注目のクルマをご紹介しよう!

RX-7

昭和60年式サバンナRX-7GTで、写真でもわかるように極めて程度の良いボディを維持している。

RX-7
フロントにピロアッパーの車高調、リヤに強化サスとショックで車高を下げ、ボルクレーシングの14インチメッシュホイールが光る。

RX-7
これだけでグッとくるけれど、前後のフェンダーを叩き出しによりワイド化。
その具合がちょうど良くて下品さは皆無。さらにERC製ボンネットを装備してカッコ良さは抜群だ。

RX-7

肝心のエンジンは走行距離が16万キロ台なので、過去にOHされていると思われる。

RX-7

RX-7

前置きインタークーラーとERC製ステンレスマフラーを装備し、トラスト製ブーストコントローラーで制御。

RX-7
MOMOステアリングにフルバケットシートが備わる室内にはトラスト製水温・油温・油圧メーターにMsブースト計が備わり、ロータリーパワーを引き出すには十分な体制。

RX-7

これだけの程度を保ったSA22Cなんて、そうそうお目にかかれるものじゃない。

RX-7

探していた人必見の出物だ!



旧車・絶版車専門店ヴァベーネ 販売・買取・改造・レストアなんでもおまかせ!

他社よりも5万~50万以上UP!全国無料出張査定!!事故車・廃車・ローンでお悩みの方まずはお気軽にご相談下さい。
お問い合わせはこちら↓↓

TEL:03-3742-3255

査定依頼はこちらからもできます。
旧車を今すぐ査定する
友だち追加数
Lineで最新情報を配信中! 登録してね(^^)/