入庫・買取実例

[旧車買取情報 スカイライン]GTS-Rの真髄を味わえ!

プリンス時代から続くレースイメージを大きく損なうハイソカー路線に走ったスカイラインが7代目のR31。
でもでもモデル後期で汚名返上。
1986年に追加された2ドアスポーツクーペをベースに、グループAレースを制するためにギャレットタービンと等長エキゾースト、専用インタークーラーを装備して210psを発生するGTS-Rが800台限定で発売されたのだ。
当時はフォードRSコスワースやBMW・M3がグループAレースを席巻。
そこに殴り込みをかけ、後にR32GT-Rが開発される契機になった。そうなのだ、スカイライン復活の狼煙を上げたのがGTS-Rなのだ。

今回は800台限定だった貴重なGTS-Rの登場だ!

R31スカイライン

専用で唯一のカラーだったブルーブラックが輝くボディはフロントスポイラーを外しているけれど、GTS-Rの紋章でもある大型リヤスポイラーが健在。

R31スカイライン
足元にワーク製E WINGを履いた姿は80年代を代表する高性能モデルらしい佇まいだ。

R31スカイライン

外観同様に純正を保ったインテリア。

R31スカイライン
特徴的なモノフォルムバケットシートは傷みやすく修理が難しいので社外品に変えられることが多いのに、このキレイさと言ったらない。

R31スカイライン
元の状態が良かったからだろう、ダッシュも無傷。

R31スカイライン
インパル製260km/hフルスケールメーターとコンソールの4連メーターを追加してステアリングを変更したくらい。
いわばGTS-Rの良さを引き出すためにモディファイされていると言っていい。

GTS-Rの真髄が味わる貴重な1台だ!



旧車・絶版車専門店ヴァベーネ 販売・買取・改造・レストアなんでもおまかせ!

他社よりも5万~50万以上UP!全国無料出張査定!!事故車・廃車・ローンでお悩みの方まずはお気軽にご相談下さい。
お問い合わせはこちら↓↓

TEL:03-3742-3255

査定依頼はこちらからもできます。
旧車を今すぐ査定する
友だち追加数
Lineで最新情報を配信中! 登録してね(^^)/