入庫・買取実例

[旧車買取情報 AE86]奇跡の修復歴なし! 

もう値段がウナギ上りで下がる気配のないAE86レビン・トレノ。サーキット走行していたクルマも多く、高い値段なのに修復歴のあるものが圧倒的に多い。
これからサーキットを走りたいという人には気にならないかもしれないが、やっぱりナンバー付きで街乗りしたいし、時には峠も走りたいなら事故歴のないものを選びたい。でも、そんな都合のいいハチロク残ってないよね、なんて思っているならこのクルマを見て欲しい!

今回は昭和61年式AE86カローラレビン2ドアクーペGT-APEXの登場だ!

86レビン
レビンだけど人気のパンダカラー。
おまけに2ドアだからボディ剛性が高く、今でもしっかり走ってくれる。

86レビン
それは何と言っても修復歴のないボディだから。走行18万キロだけど、当たってないボディだから、まだまだしっかり走ってくれるのだ。

ミッションはもちろんの純正5速MT。

86レビン
純正フロントスポイラーの他にサイドステップとリヤスポイラーを装備、足元にはフェンダーを爪折りしてアドバン15インチアルミを履く。

86レビン
この組み合わせ、80年代の走り屋が泣いて喜ぶ仕様だ。

86レビン

エンジンはノーマルだけど、HKS製エアクリーナーとTRDプラグコード、RS-R製ステンレス・タコ足にマフラーを装備。

86レビン
でも何と言っても肝心なのは足回り。
フロントはピロアッパーにワンオフ車高調、ロールセンターアダプター、タワーバーでガッチリ決めている。
リヤには切り替え式TRD製ショックに強化サスを装備するから自在にコントロールできる足なのだ。

86レビン

室内にはナルディのステアリングとオートゲージの油圧計を追加したくらいで非常にノーマル度が高いから、普通に街乗りすることもできる。

86レビン
おまけにこの程度。

86レビン

これで選ばなければ、満足いくハチロクとは出会えないと言っていいぞ!

「旧車・絶版車」の「販売・改造・レストア」
ならヴァベーネにお任せください!