入庫・買取実例

[旧車買取情報 ハコスカ]男のセダン!

古いファンほど「スカイラインはセダンが基本だよ」なんて言うもの。
そもそもセダンだけでスタートし、1500ボディに2リッター直6を積んだS54スカイラインGTがグランプリで大活躍。
続くハコスカもセダンだけでスタートして、初めて直6のL20エンジンを積んだのもセダン。
2ドアハードトップは後から追加されたモデルだから、やっぱりセダンとなるわけ。

渋い大人を目指すならセダンのハコスカで決めたいところ。
今回は45ルックな昭和46年式スカイライン2000GTを紹介しよう。

ハコスカ4D

ダークグリーンで全塗装され車高をローダウンした姿は、まさに男のスカイライン!
でもルーフに塗装剥がれがあるので早めに処置してもらいたい。

ハコスカ4D
だが、それ以外はメッキ類がキレイで、エンブレム関係もOK。
ちょっとした手直しでイケル状態だ。

ハコスカ4D

ローダウンは前後とも車高調によるもので、フロントブレーキは定番のMk63キャリパーを、リヤにはアルフィンドラムをそれぞれ装着済み。

ハコスカ4D
というのも、エンジンがL28改3.1リッターに換装されているからブレーキの強化は必須なのだ。

ハコスカ4D
このL28はマニアブロックと呼ばれるN42。
3.1リッターに排気量アップするなら欠かせないブロックを使っているのがうれしい。

ハコスカ4D
さらにトキワ・ソレックス44φを3連装し、ステンレス製タコ足+マフラーで吸排気もバッチリだ。

駆動系にも手抜きはない。
ミッションはDR30のFJターボ用71Bにされ、ファイナルは3.9のLSD仕様。
そのままサーキットを楽しめる状態になっている。

ハコスカ4D
ハコスカ4D
3.1リッターの迫力ある加速に負けない駆動系と足回り。

ハコスカ4D
セダンのハコスカで快速にキメたいなら、見逃せない1台だ!

「旧車・絶版車」の「販売・改造・レストア」
ならヴァベーネにお任せください!