入庫・買取実例

[旧車買取入庫情報]オリジナルのハチロクを探すならコレだ!

もう一度ハチロクに乗りたいと思う人も、イニDで憧れいつかはハチロクに乗りたいと思う人も、今ではイイものが残っていないから無理なんて諦めていないだろうか。
確かにドリフトベースにされてボロボロになったり、過走行で手を出しにくいものばかりなのがハチロク。
今からオリジナルで乗りたいなんて夢のようなこと。
ところが! まだまだある所にはある!

86レビン

今回はオリジナルで街乗りをしたい人にピッタリなハチロクを紹介しよう。
昭和61年式だから1986年の後期型カローラレビン3ドアGT-APEXだ。
もう34年も前のクルマなのに、走行距離は驚きの9.3万キロで修復歴ナシの極上モノ。
専門店だとトンデモない金額で売ってそうだが、こちらは160万円とバーゲンプライス!

86レビン
おまけにアルミホイールと前期用フロントスポイラー以外はフルノーマル。

86レビン
もうこんなハチロク二度と出てこないかもしれないぞ!

なんでこんなにイイ状態なのかといえば、一つはオートマだから。
おそらく新車の時から激しい運転をされてこなかったのだろう。
でも、ATだからと言ってツマラナイわけじゃない。

86レビン
エンジンはしっかり4A-GEUらしく高回転までシュンシュン回るし、後輪駆動ならではの挙動はまさにハチロク以外の何者でもない。
そして注目して欲しいのが、外装のキレイさだけじゃなく内装の状態。

86レビン
ダッシュに割れがないばかりか、純正バケットシートに破れていたり裂けている箇所が全然ないのだ。

86レビン
これは正直、驚きに値するぞ!
キレイな外装だが下回りには若干サビがある。

86レビン
でもこれ、新車の時から大掛かりな修理をしていない証拠。
年式を考えたらこれくらいで当たり前だし、今からしっかり手を入れてあげれば一生錆びないまま乗れるだろう。

86レビン
ともあれ写真で細部までジックリご覧いただきたい。
このまま乗るのもMTに換装するのもいい。

86レビン
探しているなら絶対に見逃せない1台だ!

「旧車・絶版車」の「販売・改造・レストア」
ならヴァベーネにお任せください!