入庫・買取実例

[旧車買取入庫情報 グロリア]昭和の味わいが未再生のまま残る230!

国産旧車で高級車の行く末は、車高短にされるのが王道。
さらにエアロやオーバーフェンダーで武装されちゃうことも珍しくない。
だからノーマルのまま残っていれば、それだけでも価値がある。
往年の高級車に今、フルノーマルで乗るなんて考えただけでも粋なもの。
5ナンバーフルサイズの車体に高級感あふれる4ドアハードトップ、そして揺れるような乗り心地というのが昭和の証。
令和の今でも昭和の体験ができる貴重なクルマを紹介しよう!

今回登場するのは、昭和50年式グロリア4ドアハードトップ2000GLだ。

230グロリア
写真を見ればフルノーマルと分かっていただけるだろうが、このクルマの価値はそれだけじゃない。

230グロリア
なんと、新車からのワンオーナー車でガレージ保管されてきた正真正銘の箱入り娘なのだ!

230グロリア

ワンオーナー車らしく新車時の取扱説明書が残り、ナンバーはヒト桁のまま。
走行距離は9.3万キロで、これまた実走行。

230グロリア
そのL20エンジンはシングルキャブ仕様でフロア4速MTとの組み合わせ。

230グロリア
ツインキャブのGXじゃないけれど、フロアミッションでスポーティな高級ハードトップと、見事なまでに昭和の理想を体現した仕様なのだ。

エンジンはもちろん車高もノーマルのまま。
当然、過去に改造されたこともなく整備記録簿も付属している。
これだけは昭和らしくないものの、今ではうれしい完全禁煙車。

230グロリア
ガレージ保管ということもあり、外装だけじゃなく内装まで当時のまま残っていて、これはまさに未再生車の典型。

230グロリア
おそらく高齢のオーナーが一生乗るつもりで大切に維持してきたのだろう。

230グロリア
これは安易にイジッちゃいけないし、できればヒト桁ナンバーも継承して欲しい。

230グロリア
初代オーナーの意思を受け継ぐつもりで大切に乗って欲しい230グロリアなのだ!

「旧車・絶版車」の「販売・改造・レストア」
ならヴァベーネにお任せください!