入庫・買取実例

[旧車買取入庫情報]マークⅡなら車高短だ!

男らしいスタイルを追求するなら車高短。低く構えた獰猛さ、タイヤとフェンダーのツラ具合に男らしさを感じるなら、ローダウンした旧車以上のものはない。
そんなスタイルが似合う旧車といえば、やはりマークⅡ三兄弟で決まり。
最近はGX71が流行だが、その前の61には忘れかけた昭和のワルっぽさが漂っている。
どうせ車高短を楽しむなら、ありがちな71じゃなく、61で決めるのが今流だ!

MX61マークⅡ

今回は昭和57年式マークⅡを紹介しよう。
写真でお分かりのように4ドアハードトップで、グレードはターボグランデ。

MX61マークⅡ
ツインカム24のGX61じゃないMX61だが、グランデだから豪華な内装を味わえるしターボの加速は健在。

MX61マークⅡ
こういうグレードを選ぶのも、また通だ。

MX61マークⅡ

ボディは全塗装され、純正フェンダーミラーに代えて社外ドアミラー化しつつ、ローダウンした足下にハヤシ15インチアルミを履く。
その姿は、やっぱり昭和ロマン。

MX61マークⅡ
その車高はフロントにピロアッパーと車高調にロールセンターアダプター、リヤはTRD減衰力切替ショックと強化サスの組み合わせで実現。

MX61マークⅡ
リヤスタイルはステンレス・デュアルマフラーで引き締めている。
このアピアランスは最高だ。

忘れちゃいけない内装もご覧いただきたい。

MX61マークⅡ
ソファのようなシートは前後ともにイイ状態で、スナックのような雰囲気に浸れる。

MX61マークⅡ
ステアリング、シフトノブ、サイドブレーキレバーをウッドで統一したのも、やっぱり昭和のセンス。
でも、これ以上のモディファイはせず、純正風に留めている。

MX61マークⅡ
これこそ大人のたしなみ。車高短マークⅡを楽しむなら、こういうクルマを選ぶべし!

「旧車・絶版車」の「販売・改造・レストア」
ならヴァベーネにお任せください!