入庫・買取実例

[旧車買取入庫情報]本気の3ナンバー・カリーナ!

「足のいいやつ」でお馴染みカリーナ。4代目からはFFになっちゃったから、「やっぱりA63までだよね」というのが定番。
A63カリーナにはDOHCターボのGT-TやGT-TRもあったが、ターボパワーよりコーナリング性能が重要視され、AE86にも積まれた4A-G搭載のGT系が人気。
カリーナだからか4ドアが人気だが、2ドアに見える3ドアクーペなら走り屋らしさにあふれている。
今回は本気で走りを極めたクーペが入庫したので紹介しよう!

AA63カリーナ 左フロント
昭和59年式カリーナクーペ1600GTだからA63最終モデルだ。
なんとこのクルマ、3ナンバーになっている。
AA63カリーナ リア
というのもフェンダーがワイドにされているからなのだ!
AA63カリーナ サイド
しっかり公認を取得しているあたり、大人の走り屋という感じ。
AA63カリーナ ダッシュ
そのボディはリヤシートを取り払い、4点式ロールケージが組み込まれている。
AA63カリーナ シート
もちろん2名乗車で公認だ。またボンネットをFRP製にして軽量化も図っている。
AA63カリーナ 内装右
ローダウンした足元には15インチのRSワタナベ8スポークRタイプを履く。
見るからに走り屋。
そしてエンジンはAE92用を載せている。
AA63カリーナ エンジン
でも同じ4A-Gだから実は公認取らなくても大丈夫。
吸気はエアクリを変更、排気は触媒レスのワンオフマフラーにされているので、4A-G本来のフィーリングが楽しめる。
AA63カリーナ マフラー
フロントだけじゃなくリヤにもワンオフだろうストラットタワーバーを追加してあるから、4A-Gらしく高回転連続+ドリフトしても根を上げない。
AA63カリーナ
これぞ本気のカリーナだ!

動画はこちら↓↓

「旧車・絶版車」の「販売・改造・レストア」
ならヴァベーネにお任せください!