ハチロクといえばAE86 スプリンタートレノ!その特徴をまとめてみた

ハチロクといえばAE86 スプリンタートレノ!その特徴をまとめてみた

1970〜80年にかけてムーブメントを巻き起こしたスポーツカー。各自動車メーカーから多くのスポーツカーが発表され、ファンを虜にしてきました。

そして、現在でも人気を集めているスポーツカーが多く存在しています。トヨタがリリースした「AE86 スプリンタートレノ」もその内の一つ。

車にあまり興味がない方でも画像を見れば知っているなんて方や、名前は聞いたことがあるなんて方も。しかしながら、なぜここまでAE86 スプリンタートレノは多くの方に浸透できたのでしょうか。

今回はAE86 スプリンタートレノにファーカスし紹介していきます。

1 AE86 スプリンタートレノとは

スプリンタートレノはトヨタが提供していたモデルで、カローラレビンと姉妹車としても有名な一台。初代が登場したのは1972年のこと。その後7世代に渡り多くのファンを魅了してきたブランドです。

AE86は1983年にデビューし、シリーズ4代目にあたるモデル。形式名称の「AE86」の数字の部分から「ハチロク」の愛称でも親しまれています。

先代のシャーシを踏襲しつつ、課題だった重量面を改良し大幅に軽減させることに成功。エンジンは新たに開発された4A-GE型を搭載。リトラクタブル式ヘッドライトを採用したことも特徴の一つ。またシリーズ最後のFR車として販売された一台でもあります。

2 印象的な外装

スプリンタートレノとカローラレビンとの大きな違いはフロントマスク。

固定式ヘッドライトを採用したAE86 カローラレビンに対し、スプリンタートレノはリトラクタブルヘッドライトを採用したことがポイント。当時のスポーツカーに多く採用されていた仕様で、ライトをつけるとヘッドライトが立ち上がる仕組みになっています。

現在では様々な観点から、リトラクタブルヘッドライトは姿を消していきました。しかし、今なおリトラクタブルヘッドライト仕様の車の人気は高く、多くのファンの間では復活が強く望まれています。

ファンの中には固定式ヘッドライトを採用しているAE86 カローラレビンを購入し、リトラクタブルヘッドライトに変更するなんて方も。

3 高い性能を誇ったAE86 スプリンタートレノ

AE86にはグレードが「GT-APEX」「GTV」「GT」の3タイプをラインナップ。

GT-APEXは1.6リッターモデルの最上級グレードで、「リアワイパー」「パワーステアリング」「デジタルメーター」を標準装備。また前期型の2トーンカラーのボディカラーは、このモデルのみの設定でした。トランスミッションは前期型は5速MTのみでしたが、後期型では電子制御4速ATが追加ラインナップされたことがポイント。

GTVは1.6リッターモデルの競技ベース車両として設定。パワーステアリングとリアワイパーは装備しておらず、メーターもアナログのみの仕様に。他のグレードに比べて、ダイレクトかつクイックな操舵を可能にしています。トランスミッションは5速MTのみを設定。

GTは1.6リッターの競技ベースモデルでGTVよりさらに装備が簡略化されていることが特徴。トランスミッションは前述したGT-APEXと同じで、前期型は5速MTのみをラインナップ。その後、後期型では5速MTのほか、電子制御4速ATが設定されています。

4 人気に火を点けたのは伝説的漫画の影響!?

AE86の生産台数はカローラレビンが約6万6千台に対し、スプリンタートレノは約3万6千台。この数字からAE86と言えばカローラレビンのことを指すのが一般的でした。

しかし、生産終了から約3年後に連載がスタートした「頭文字D」によって、AE86 スプリンタートレノが人気を集めていきます。それは漫画の主人公(藤原拓海)の搭乗車種が、AE86スプリンタートレノだったから。

これをきっかけに人気を集めていきますが、流通数が少なかったために高値で取引されるなんてこともしばしば。ファンの間では漫画に登場する、藤原拓海仕様のAE86 スプリンタートレノを再現しているなんて方もいる程。

国内はもちろんですが、海外でも多くのファンを魅了している一台です。

まとめ

今回はトヨタが提供していたAE86 スプリンタートレノについて紹介してきました。

エンジンは当時の最新エンジンを搭載。現在ではあまり見かけなくなった、特徴的なリトラクタブルヘッドライトを採用したフロントマスクもポイントの一つ。人気漫画「頭文字D」の影響で人気を博し、現在では高値で取引されるなんてことも。また国内だけではなく、海外の多くのファンも虜にしている一台です。

ヴァ・ベーネでは「AE86 スプリンタートレノ」の買取実績は多数あります。旧車のことであれば、どんな些細なことでもご相談ください。また買取だけではなく、自社工場で修理や車検、レストアに至るまで幅広く対応することが可能です。売りたい方も愛車に乗り続けたい方もお気軽にご連絡ください!

WEBでカンタン無料査定!

旧車の買取なら、ヴァ・ベーネにお任せ!
他社査定額よりも、5~50万円UP!お急ぎの方はお電話でも承っております。

豆知識一覧へ戻る
カンタン30秒!カンタン
無料査定
担当者が丁寧に対応03-3742-3255