INFORMATION

豆知識

2021.05.02日産自動車不朽の名車!フェアレディZ S30に迫る!

日産自動車は数多の名車を輩出してきました。

その中でも、「フェアレディZ」を無くして語ることはできません。

フェアレディZは日本において「Z(ゼットorゼッド)」、海外では「DATSUN Z(ダッツンズィー)」または「Z-Car(ズィーカー)」の愛称で親しまれています。

そんな多くのファンを魅了するフェアレディZ。

フェアレディZは多くのモデルチェンジが行われていますが、今回は初代フェアレディZである「フェアレディZ S30」にフォーカスを当てて紹介していきます。

1 S30の前身「ダットサン・フェアレディ」

フェアレディZのルーツを辿ると、前身に「ダットサン・フェアレディ」とう車種が存在します。

後にダットサンは除かれ、フェアレディのみの名称に。1960年〜1970年まで製造され、国産スポーツカーを牽引しました。

ダットサン・フェアレディの変遷は以下のとおり。

・ダットサン・フェアレディ1200

・フェアレディ1500

・フェアレディ1600

・フェアレディ2000

なお車種名の由来は、ブロードウェイミュージカルの『マイ・フェア・レディ』にちなんで付けられたとのこと。

車体スペックがしだいに進化していき、後に現在にも名を馳せるフェアレディZへと変貌を遂げることとなります。

2 元祖フェアレディZ「S30型」登場

1969年、初代「フェアレディZ S30」が販売に。

このフェアレディZ S30は、ヨーロッパ製のラグジュアリーGTに匹敵するスペックと、エクステリアを持ち合わせながらも、価格は廉価に設定されていました。前身のフェアレディではオープンタイプのボディでしたが、フェアレディZからはクローズドタイプに変更されよりスポーティなイメージを強めています。

ハイスペックであることはもちろんのこと、快適性にも長けていることもポイント。

軽量なモノコックボディにロングノーズ&ショートデッキを採用。スポーツカー市場で先行するポルシェ・911やジャガー・Eタイプに引けを取らないパフォーマンスを発揮しました。

3 日本以上に北米で人気沸騰!

ハイスペックにもかかわらず、価格が廉価であったこともあり日本以上に北米での人気が沸騰しました。

フェアレディZ S30に搭載した2.4L直6L24型エンジンや、前後輪のストラット式サスペンションによる四輪独立懸架は、北米の広大な土地を移動することを考慮してのこと。フェアレディZ S30は10年もの間生産され、世界販売台数55万台(日本での販売台数は8万台)を記録。当時のスポーツカー販売台数としては異例の記録として取り沙汰されました。

このフェアレディZ S30により日産は海外への活路を見出し、名実ともに世界の自動車メーカーとしての地位を築いたのです。

4 型式によってタイプが異なる

フェアレディZ S30は型式によって車体スペックを見分けることが可能です。チェックポイントは「搭載エンジン」「ハンドル位置」「ホイールベース」「基本型式」の4点。

ここではそれぞれのポイントを説明していきます。

4-1 バリエーションが多い搭載エンジン

フェアレディZ S30に搭載されているエンジン以下の5種類。

・2.0L 直6 L20型

・2.0L 直6 S20型

・2.4L 直6 L24型

・2.6L 直6 L26型

・2.8L 直6 L28型

これらを車種の型式に当てはめると以下記号が割り振られます。

搭載エンジン
2.0L 直6 L20型 無記号
2.0L 直6 S20型 P
2.4L 直6 L24型 H
2.6L 直6 L26型 R
2.8L 直6 L28型 H

4-2 ハンドル位置

続いてハンドル位置の型式記号は以下の通り。

ハンドル位置
右ハンドル 無記名
左ハンドル L

4-3 ホイールベース

ホイールベースにも型式は割り振られています。

ホイールベース
標準・定員2名 無記名
ロング・定員4名 G

4-4 基本形式・型式の例

最後に排ガス規制前後でも型式が分けられています。

基本形式
昭和50年排出ガス規制以前車 S30
昭和51年排出ガス規制適合車 S31

それでは、上記の型式を例をあげながら見ていきましょう。

【例】

フェアレディZ S30【車体スペック】

・搭載エンジン:2.6L 直6 L26型

・ハンドル位置:左ハンドル

・ホイールベース:標準・定員2人

・基本形式:昭和51年排出ガス規制適合車

この場合「2.6L 直6 L26型=R」「左ハンドル=L」「標準・定員2人=無記名」「昭和51年排出ガス規制適合車=S31」と割り振られます。よって、型式は「ZS30 RLS31」となるわけです。

5 あの名車と同じエンジンを搭載!

フェアレディZ S30に搭載されているエンジンは、2.0L直6L20型エンジン。これは不動の人気GT車「スカイライン2000GT」と同じエンジン。

また、「スカイラインGT-R」に搭載されている2.0L直6S20型エンジンは、後に販売されるハイスペックバージョンの「フェアレディZ S30 Z432」に搭載されなど、フェアレディZ S30は名機の名を欲しいままに取り入れたパワースペックとなっています。

まとめ

フェアレディZ S30は日本を代表するスポーツカーです。

当時スポーツカーは欧米のメーカーが席巻していましたが、フェアレディZ S30の登場によりその牙城を崩し始めました。ハイスペックにもかかわらずロープライスであるという、日本のものづくりのお家芸を体現することに成功。

フェアレディZ S30は何代もの世代を経て今もなお人気を博す名車として注目を浴びています。

ヴァベーネではフェアレディZ S30の買取実績も多数あります。

他社査定より5万から50万UPの高価で買取らせていただきますので、旧車の買取を検討されている方はぜひご連絡ください!

豆知識一覧へ

TOP