革新的な技術を搭載したグロリア430型に迫る

革新的な技術を搭載したグロリア430型に迫る

昭和に誕生し、今では旧車と呼ばれる車には多くの名車が存在しています。

日産が提供していた「グロリア」もその一つ。高級セダンとして多くのファンを魅了してきたシリーズです。1959年に初代がデビューし、1999年に発表された11代目が最後のモデル。

今回はエンジン面で革新的な技術を導入した、6代目グロリア430型に迫っていきます。

1 グロリアの変遷

1-1 高級セダンとして人気を博した「グロリア」とは

グロリアは日産が販売していた、スポーツ性を前面に押し出した高級セダン。1959年に初代がデビューしたのを皮切りに、11世代に渡り多くのファンを虜にしたモデル。車名の由来はラテン語で“栄光”を意味しています。

初代グロリアはスカイラインの派生モデルとしてスタート。当時は日産での提供ではなく、後に吸収合併されるプリンス自動車工業で製造されていました。国産車としては戦後初となる3ナンバー車。当時の天皇に納入されたことにより、高級国産車として君臨した一台です。

4代目グロリアはセドリックと姉妹車となったことで、通称「セドグロ」と呼ばれ人気を集めました。自家用車としても高い人気を誇りましたが、タクシーや教習車、パトカーなどの法人車でも多く採用されていたことが特徴。

1-2 1979年にデビューを飾った「グロリア430型」

グロリア430型は、6代目にあたるモデルで1979年にリリース。

国産車で初となるECCSと呼ばれるエンジン統合制御システムが導入されたことでも話題を集めました。また日本初のターボエンジンを搭載したモデルでもあります。

キャッチフレーズは「サイレント・グロリア」、「グロリアの歴史は高級車の歴史」。新車登録台数の累計は約11万台を記録した一台です。

現在でも多くのファンを虜にしており、旧車市場でも高い人気を誇るモデル。取引価格は車の状態によって異なりますが150万円が相場です。

2 先代よりシャープなデザインへと一新されたボディ

グロリア430型のスペックは以下の通り。

  • 全長:4,690mm
  • 全幅:1,690mm
  • 全高:1,410mm
  • 重量:1,380kg
  • ホイールベース:2,690mm
  • エンジン:直列6気筒2.0L
  • 最高出力:130ps
  • 最大トルク:17.5kgm

先代のどっしりとした見た目から、直線的でシャープなボディデザインへと一新。

ボディタイプは「4ドアハードトップ」「4ドアセダン」「ステーションワゴン」「ライトバン」の4種類をラインナップ。ワゴンタイプは通称「グロワゴ」と呼ばれ、アウトドア好きなユーザーに高い支持を得ました。

サスペンション形式はフロントはダブルウィッシュボーン式を採用。リアはリジッド・リーフ式から5リンク式に変更し、駆動方式はFRを先代より踏襲しています。

3 多くの話題を集めた搭載エンジン

前述した通りグロリア430型は、ECCSと呼ばれるエンジン統合制御システムを導入した初の国産車。また日本初のターボエンジンを搭載したことでも有名です。

リリース当初のエンジンは以下の通り。

  • L28E型 2.8L 直6
  • L20E/L20S型 2.0L 直6
  • SD22型 ディーゼル2.2L 直4
  • SD20型 ディーゼル2.0L 直4
  • L20P型 LPG2.0L 直6
  • Z20P型 LPG2.0L 直4

2L直6SOHCキャブレター仕様の「L20S型」「L20E型」2.8L直6SOHCエンジン仕様の「L28E型」のガソリン3タイプが主力。その他にディーゼル仕様の2L直4OHV「SD20型」及び2.2L直4OHV「SD22型」の2種類をラインナップ。また法人車向けにはLPG仕様の2L直4SOHC「Z20P型」及び2L直6SOHC「L20P型」の2種類を準備されていました。

トランスミッションは、4速及び5速MTと3速トルコン式ATを設定。

その後、6気筒ディーゼルLD28型エンジン搭載車を追加ラインナップ。またL20E型エンジンにターボチャージャーを装備したL20ET型エンジン搭載車、さらには国産の乗用車では初となる直6ディーゼルLD28型エンジンを搭載したモデルがデビューするなど話題を集めました。

グロリア430型がリリースされた翌年には、ターボエンジン搭載車に4輪ディスクブレーキが備わる最上級グレード「ターボブロアム」が追加。またマイナーチェンジにより、グレード体系の一部見直しなどを実施します。その際にL28E型エンジンを改良。当初の最高出力が145psに対し、改良後は155psを記録。最大トルクは23kgmから23.5kmgに向上しています。

まとめ

今回は日産が手掛けたグロリア430型について説明してきました。

直線的でシャープなボディデザインが印象的で、ワゴンタイプが追加されたこともポイント。そしてなんと言っても、多くの話題を産んだ搭載エンジンはグロリア430型の最大の特徴です。

ヴァベーネでは、グロリア430型などの旧車の買取実績が多数あります。また国土交通省認定の認証を取得している自社工場を完備しているため、「車検」「修理」「改造」など幅広く対応可能です。

ヴァベーネなら他社査定額より5〜50万UP!売りたい方も乗り続けたい方もお気軽にお問い合わせください。

WEBでカンタン無料査定!

旧車の買取なら、ヴァ・ベーネにお任せ!
他社査定額よりも、5~50万円UP!お急ぎの方はお電話でも承っております。

豆知識一覧へ戻る
カンタン30秒!カンタン
無料査定
担当者が丁寧に対応03-3742-3255