車のエンジンオイルってなんのためにあるの?交換するタイミングは?どこに依頼すべき?

車のエンジンオイルってなんのためにあるの?交換するタイミングは?どこに依頼すべき?

車のエンジンオイルは、車を動かす上で重要なアイテムの一つ。定期的にエンジンオイルの交換をしなければ、車の走行に支障が出るなんてことも。

しかしながらエンジンオイルを交換するタイミングや、どこに依頼すればいいのかなんて悩みも多いのではないでしょうか。

そこで今回は車を動かす上で重要なエンジンオイルについて、種類から交換する際の依頼場所の特徴まで幅広く説明していきます。

1 エンジンオイルの役割

エンジンオイルには主に「潤滑」「密封」「防錆」「冷却」「清浄」の5つの役割があります。

車の心臓部分とも言えるエンジンを守るためのもので、潤滑作用は金属摩擦を軽減し、エンジンをスムーズに動かすためのもの。密封作用はピストンとピストンリングの隙間を密閉してガス抜けを防ぎ、パワーを維持してくれるものです。

防錆作用はエンジン内の水分や酸が原因で発生する錆を防いでくれる役割のこと。冷却作用は車の動力をエンジン内部で作る際に、高音になったエンジンを冷却するもの。清浄作用はエンジン内部の熱を吸収し、オーバーヒートを防いでくれます。

この5つの役割のどれが欠けてもトラブルの原因になるので、エンジンオイルは定期的にメンテナンスすることがポイント。

2 エンジンオイルを交換しないと起こり得る影響

エンジンオイルを交換しないまま走行していると、エンジンが焼き付き炎上するなんてことも…。

オイルランプが点灯している場合は、エンジンオイルの量が不足していることを示します。オイルランプが点灯していても走行は可能ですが早急なエンジンオイルの補充や交換をしましょう。

またエンジンオイルの劣化により、潤滑効果が失われればエンジン内部で摩擦が大きくなり異常磨耗が発生します。これによりピストンなど駆動力を生み出す部品に負荷がかかり、「出力の低下」「燃費の悪化」「異音」などの現象が起こることも覚えておきましょう。

更に汚れたオイルは、油路を塞いでしまう原因になることも。オイルポンプの負荷が多くなることで燃費の悪化となり、最後にはエンジンオイルの供給が止まった場所は摩擦熱で焼きついてしまいます。

3 エンジンオイルの選び方

3-1 エンジンオイルの確認方法

エンジンオイルの種類は、オイルの質がサラサラのものや硬めのものまで実に様々。

そんな数多くの種類から自分の車に適したエンジンオイルを選ばなければいけません。そのためには、自分の車のエンジンオイルの粘度を確認する必要があります。それを基準に、愛車の使用状況や目的に合わせたエンジンオイルを選択していくわけです。

まず新車時の粘度を確認します。自動車には、そもそも新車時にメーカーが推奨する粘度のエンジンオイルが入っています。これは中古車でも同様で、車に付属されている取り扱い説明書に記載されているので確認しましょう。このように車種によって適したエンジンオイルがあるので、あらかじめ確認しておくことが大切です。

3-2 大切なエンジンオイルの粘度

また自分がどのように車を走らせたいかによって、エンジンオイルの粘度を変更することができます。

低粘度オイルの場合は質がサラサラで、低温での始動性がよく燃費向上が期待できることがメリット。しかしエンジン自体の保護性能は高粘度オイルに比べ弱くなることがネック。

一方高粘度オイルは質がネバネバで、高温でもエンジンを保護し静寂性に優れていることが魅力。その反面で低粘度オイルに比べ、燃費が悪くなってしまうことが挙げられます。

つまり高温時の粘度を硬くすると保護性能は上がり、柔らかくすると燃費がよくなるということ。しかしその一方で粘度を硬くすることで燃費は悪化し、柔らかくすることで高回転時の保護性能は落ちてしまうというデメリットもあるということを覚えておきましょう。

燃費を悪化させることなく高温時の保護性能を上げたいのであれば、メーカーが推奨する粘度のものを使用しましょう。その際にベースオイルは化学合成油にすることがおすすめです。

3-3 ベースオイル

ベースオイルには「化学合成油」「部分合成油」「鉱物油」の3種類があり、それぞれに特徴があります。

化学合成油は潤滑に最適とされるオイルを分子化した後、化学的に合成したもの。ベースオイルの中でも高性能で、エンジン洗浄と車の環境を考えた添加剤が合成されています。 コストが高いことがネックですが、車の環境を整えたい人向きのベースオイルといえるでしょう。

部分合成油は鉱物油に水素化精製油または化学合成油を20~30%混ぜ合わせたベースオイルです。 基本的な性能は備えており、購入費は化学合成油に比べ安価なことがメリット。しかし化学合成油に比べると耐熱性の面で劣ってしまいます。

鉱物油は、原油から不純物を取り除くことで精製されたベースオイルです。他のオイルに比べ費用がかからないことが魅力の一つ。 ただ値段が安いが故に劣化は早く、酸化もしやすいことがデメリット。高品質なものを求める方ではなく、価格を重視したい場合にはおすすめのベースオイルです。

4 エンジンオイル交換のタイミング

4-1 エンジンオイル交換はいつ行うべき?

エンジンオイルの交換するタイミングは車種によって異なります。あくまでも目安ですが走行距離が5,000km、または半年のサイクルで交換することが一般的。

エンジンオイルは空気や水分、熱などが原因で酸化していきます。つまり少ない走行距離でも運転の仕方で交換時期が変わることを覚えておきましょう。そもそもエンジンオイルを交換しないとオイルとしての性能が劣化し、エンジン内部の摩擦抵抗が増えてしまいパワーダウンや燃費の悪化などの原因となってしまうんです。

またエンジンオイルだけではなく、オイルフィルターの交換も忘れずに行いましょう。オイルフィルターはエンジンオイルの汚れをろ過するもので、鉄粉などオイルに混ざった汚れを取り除いてくれることが役割。つまりエンジンオイルだけを交換してもエンジンを傷めてしまうわけです。交換するタイミングは、エンジンオイルを2回交換するタイミングで交換するといいでしょう。

4-2 こんな場合はオイルの交換時期を早めよう

前述した通り、エンジンオイルの交換時期は走行状況によっても異なります。平坦な道路や一定速度の走行であればエンジンオイルへの負担は軽減されますが、走行状況によってはエンジンオイルなどの劣化が早まることがあるんです。このようなエンジンオイルへの負担が多くかかる運転のことを「シビアコンディション」と言います。

例えば雪道やホコリの多い路面などの悪路での走行や、坂道走行の頻度が高いなどです。その他にも年間走行距離が20,000kmを超える場合や、逆に一回の走行距離が短いケースでも該当します。このような運転が多いのであれば、耐久性が高いエンジンオイルを使用したり、交換する時期を早めましょう。

5 エンジンオイル交換する場合はどこに依頼すべき?

エンジンオイルを交換する場所は様々で、それぞれ受ける場所によってメリットやデメリットがあることを覚えておきましょう。ここでは「カー用品店」「ガソリンスタンド」「整備工場」「ディーラー」の4つの場所で行う際の特徴を紹介していきます。

5-1 身近でコストが安価なカー用品店

カー用品店は交換用のエンジンオイルを多数取り扱っており、店内から好きなエンジンオイルを選ぶことができます。作業時間はおよそ20〜30分で、作業工賃の相場も500円程度で実施してくれることが魅力。

自分に合った予算や好みに応じてエンジンオイルを選択することができ、迷ったときは店舗スタッフに相談できることがメリット。その反面で店舗スタッフの知識に差が合ったりするため、基本的には自分で選ぶ必要があります。また土日などは待ち時間が長くなりやすい点や、店舗によっては取り扱うエンジンオイルの種類が限られることを覚えておきましょう。

5-2 オイル交換以外も対応できるガソリンスタンド

ガソリンスタンドであれば、給油ついでにオイル交換ができることがメリットの一つ。その他にも洗車やタイヤの空気圧チェックなども実施できることがポイント。

作業時間は予約なしでも30分以内に終わるケースが一般的で、工賃は1,000円以内で収まることがほとんど。24時間営業の店舗であれば比較的遅めの時間までオイル交換に対応してくれるので、自分のペースで依頼しやすいことも魅力の一つ。

カー用品店同様に店舗によって整備士の知識や技術力にばらつきがあるため、信頼できるところを選ぶ必要があります。

5-3 確かな知識と技術力を持った整備工場

整備工場は技術力を持つプロの整備士が作業してくれるため、様々な車種に対応できることが魅力の一つ。安心して車を預けられることができ、オイル交換の作業時間は20〜30分程度。しかしながら時期によっては多くの整備や車検の依頼が集中するので、そのタイミングと重なると待ち時間が長くなることもあるので注意が必要です。

整備工場は少人数で経営している店舗が多いので、あらかじめ予約をしておくことをおすすめします。また小さな整備工場では在庫が限られるため、自分が愛用しているオイルが決まっているのであれば事前に確認しておきましょう。

5-4 メーカー基準のサービスが受けられるディーラー

ディーラーは前述した整備工場と同様で、プロの整備士が作業を行ってくれることがメリット。その時の入庫台数によっては待ち時間が異なり、長い時間待たされてしまうなんてことも。特に2~4月に販売された車の車検による入庫や冬タイヤの交換などの時期は比較的多い傾向にあります。

工賃に関してはそれぞれの店舗で金額設定が異なっていたり、エンジンオイルの代金と合算の場合もあるので、あらかじめ確認しておくとスムーズです。

まとめ

今回は車における重要なアイテムでもあるエンジンオイルについて説明してきました。エンジンオイルを交換しないまま走行していると、エンジンが焼き付き炎上してしまう可能性もある程。

交換する際は自分の愛車に合ったエンジンオイルを選ぶことで、長く付き合えることができます。エンジンオイルの交換を依頼できる場所も様々で、特徴もそれぞれ異なるため自分に合った場所を見つけられるといいですね。

WEBでカンタン無料査定!

旧車の買取なら、ヴァ・ベーネにお任せ!
他社査定額よりも、5~50万円UP!お急ぎの方はお電話でも承っております。

豆知識一覧へ戻る
カンタン30秒!カンタン
無料査定
担当者が丁寧に対応03-3742-3255