車検を控えている方必見!必要なものを種類別にまとめてみた

車検を控えている方必見!必要なものを種類別にまとめてみた

車検は、公道を走る車を所有している人に義務付けられた継続検査で、どのような車も期日内に車検を通さなければ、公道を走行することはできません。

車検には専門業者に依頼する「車検」から、業者に依頼せず自分で陸運局に依頼する「ユーザー車検」があります。初めて車検を実施される方にとって何を持っていくべきなのか、不安になられている方も多いはず。

そこで今回は車検を受ける際に必要なものをリストアップしましたので参考にしてみてください。

1 車検を受ける際に必要なもの

車検を受ける際には、以下のものを準備しましょう。

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 納税証明書
  • 印鑑
  • 車検費用

それぞれについて詳しく解説します。

1-1 車検証

「自動車検査証」とも呼ばれる車検証は、前回の車検での保安基準に適合していることを証明する書類です。公道を走行するうえで、車内に必ず入れておかなければいけません。

車検証には所有者の名前や車台番号などが記載されています。また、車検の有効期限も記載されているため、車検がいつか分からなくなった場合は車検証を確認しましょう。

1-2 自賠責保険証明書

自賠責保険証明書は、全ての車に義務付けられている「自賠責保険」に加入していることを証明する保険証のことを指します。車検証と同様、車の中に入れておかなければならない書類の一つ。

自賠責保険証明書も車検を受ける際に更新されるため、車検証と同じ場所に保管しておきましょう。万が一紛失してしまった場合は、保険会社に連絡して再発行する必要があります。

1-3 納税証明書

納税証明書は、自動車税を納めていることを証明する書類のことです。普通自動車は「自動車税」で、軽自動車は「軽自動車税」と、車種によって税の名称が若干異なります。

車検証や自賠責保険証明書とは異なり、車内に入れておくことは義務付けられていません。自宅で保管している場合などもあるため、車検証や自賠責保険証明書よりも紛失しやすいので注意してください。

1-4 印鑑

印鑑は車検の継続検査申請書に押印する際に使用します。車の使用者が個人であれば、署名だけで押印が不要の場合もあります。
押印が不要とされるのは、継続検査申請書をあらかじめ作成しておく場合などです。

反対に、氏名欄を印字した書類をパソコンで印刷した場合は、押印が必要です。ただし、車検を依頼する業者によって印鑑が必要かどうかは異なります。

そのため事前に確認をしておくか、念の為持参しておくのがおすすめです。

1-5 車検費用

車検時には、主に3種類の費用が発生します。まず自賠責保険料や収入印紙代、自動車重量税などが該当する「法定費用」です。

また、業者に車検を依頼する際にかかる定期点検代・代行手数料・測定検査代の「車検基本費用」も必要です。車検を通す際、損傷や劣化したパーツを交換する際に費用がかかる場合もあります。

車検時に支払うことになるため、あらかじめ見積もりを出して準備しておきましょう。

2 ユーザー車検に必要なもの

車検業者に車検を依頼せず、自分で陸運局に書類を持ち込んで受けるのがユーザー車検です。必要なものが一般的な車検と異なるため、ここではユーザー車検を選択した際の必要なものをご紹介します。

2-1 自動車重量税納付書

自動車重量税納付書は、車両重量にかかる税金を納めるために必要な書類です。これは収入印紙を購入して支払う形式で、現金のみの支払いなので念の為把握しておきましょう。

車検時だけではなく、新車購入時にもまとめて納めるため、見たことがあるという方もいるかもしれません。陸運局の窓口に用意されているため、車検当日にもらえます。

記載する内容は車検証に記載のある項目なので、作成自体は難しくありません。

2-2 自動車検査票

自動車検査票は、車検の検査項目が記載されているものです。車検時に各検査に通過するたびに合格印が押され、全ての項目に押印されれば検査に通ったことが証明されます。

自動車重量税納付書と同様に陸運局の窓口でもらえるため、事前に準備する必要はありません。ただし、検査時に必須の書類であるため、検査項目をはじめとした概要だけでも把握しておきましょう。

2-3 定期点検整備記録簿

定期点検整備記録簿は、12ヶ月法定点検や24ヶ月法定点検などの結果を記録する用紙のことです。新車を購入した際についてくるので、車検証と一緒のファイルに保存されていることがほとんど。

法定点検は道路運送車両法で義務付けられており、故障や事故などを防ぐために大切な点検です。ユーザー車検に限っては、事前にご自身で点検することもありますが、専門知識や技術が必要な場面もあります。そのため不安な方は、整備工場などへ依頼することをおすすめします。

2-4 継続検査申請書

継続検査申請書は、車検に通った後に新しい車検証の発行に必要な書類です。車検終了後、コンピューターに継続検査申請書を読み込ませることで、更新された車検証が印字されます。

項目自体は車検証の内容と同じなので、作成は難しくありません。ただし、署名や押印の両方が必要なことがあるため、車検当日に印鑑を忘れずに持参しましょう。

2-5 車検費用

ユーザー車検の費用は、一般的な車検とは若干異なります。まず、代行手数料や測定検査料などはかかりません。

ただし「自賠責保険料」「検査手数料」「自動車重量税」などは金額も変動せずかかります。部品交換などが発生しない場合、法定費用のみで完結するのがユーザー車検の特徴です。

3 場合によっては準備が必要なもの

車検を受ける際に必ず準備する必要はありませんが、場合によっては準備しなければならないものもあります。

ここで紹介する3つの準備物は、意外と忘れやすいので必要に応じて用意しておきましょう。

3-1 委任状

車検に委任状が必要になるのは、以下のシチュエーションです。

  • 車検時に車検証の内容を変更
  • ナンバープレート変更
  • 業者に作成を求められた場合

車検に使用する委任状は、業者が用意しているフォーマットや、インターネット上でダウンロードしておきましょう。

3-2 ロックナットアダプター

ロックナットアダプターは、タイヤやホイールの盗難防止ナットのことです。専用のアダプターを使用しなければ外せないため、車検時に用意しておかなければなりません。

車検時はタイヤを外す工程があるため、ロックナットが付属しているタイヤを使用している場合は、必ず用意しましょう。

3-3 発煙筒

発煙等は、道路運送車両法によって搭載が義務付けられています。車が保安基準を満たしているかが必須となるため、発煙等が搭載されていないと車検には通りません。

発煙等を使用する機会は少ないため、搭載されていないことは稀です。過去に使った経験がある場合、発煙筒が搭載されているかどうかを車検前に改めて確認しましょう。

まとめ

今回は車検時に必要な書類などを専門業者に依頼する「車検」と、自分で陸運局に持ち込む「ユーザー車検」と分類し紹介してきました。車検時に必要な書類は多く、漏れがあった場合は車検自体ができなくなる場合も。

また場合によっては委任状やロックナットアダプター、発煙筒などの用意が必要なこともあるため、車検前に必要かどうかを確認しておきましょう。

車検に必要なものは、種類は多いものの用意が難しいものはほとんどありません。近いうちに車検を控えている方は、当記事を参考に必要なものを漏れなく用意しましょう。

豆知識一覧へ戻る
カンタン30秒!カンタン
無料査定
担当者が丁寧に対応03-3742-3255