INFORMATION

豆知識

2021.01.08すぐにでも実践できる車のメンテナンス方法を知ろう!

車のメンテナンスと聞くと車検や専門店での点検などをイメージされる方も多いのでは。非常に難しい印象を受けるメンテナンスですが、実は自分でも実施することができるんです。

これにより故障を予防できたり車検費用が安くなったり、場合によっては車の寿命が延びるなんてことも。

今回は自分で行える車のメンテナンス方法や、業者に依頼するメンテナンスについて解説していきます。

1 メンテナンスを行う理由

車のメンテナンスを怠ると様々な不具合が生じてくることも。例えば燃費が悪くなることや、乗り心地が悪くなるなんてことも考えられます。最悪の場合エンジントラブルや走行中のタイヤのパンクなど、事故や廃車に繋がるシュチュエーションに見舞われることも。

そのため、愛車と長く付き合っていくには定期的なメンテナンスが欠かせません。

点検が行き届いた車は、そのポテンシャルを十分に発揮するとともに壊れにくくなり寿命も長くなることがメリット。数ヶ月ごとに点検や交換をしておきたい項目もあれば、エンジンをかけて発進する前にチェックしておきたいポイントもあります。

2 車を長持ちさせるための7つのメンテナンス術

自分で行えるメンテナンスは様々ですが、全てを一度に行う必要はありません。まずはメンテナンス方法や頻度について理解し、できる範囲で実施していくことが大切です。

ここでは自分で実施可能な7つのメンテナンス術について説明していきます。

2-1 メンテナンスの王道「洗車」

洗車は自分でできるメンテナンス方法の第一歩。

実施頻度は1ヶ月に1回を目安に実施していきましょう。外装がキレイになるメリットはもちろんですが、コンディションを保つことができます。しかしながらあまり頻繁に洗車をしてしまうと、スポンジの摩擦や洗剤でコーディング剤の摩耗が早まってしまうため注意が必要です。

そして海沿いを走行した後は早めに洗車することがポイント。これは塩分が車体に付着しているのを洗い流すことが目的です。

潮風の影響で鉄がさびやすくなり、結果的には車の性能にも影響してしまいます。また花粉や泥など固まると取れにくくなる汚れがついてしまった場合も、早めの洗車を心掛けましょう。

2-2 タイヤの空気圧チェック

タイヤに十分な空気が入っているかの確認も大切なメンテナンス。空気が不十分であればカーブでの安定性が下がったり、燃費の悪化を招くことにも。

1ヶ月に1度はタイヤの空気圧をチェックするように心掛けましょう。

空気圧を点検するにはエアコンプレッサーやチェック用の専用タンクが必要になります。適正な空気圧かどうかを確認し、少ない場合は数値を見ながら空気を充填しましょう。ガソリンスタンドやカー用品店には、空気充填機が常備されていたりタンクを貸し出してくれるところもあります。

使用方法が不安であれば店員が代わりに実施してくれることもあるので、初めての方などは聞いてみるといいでしょう。

2-3 見落としがちなワイパーのゴム部分のチェック

ワイパーのゴム部分は意外と摩耗に気が付きにくい箇所。ゴム部分が摩耗してしまうとワイパーを作動させても拭き残りが発生し、ひどい場合は余計に視界が悪くなってしまうことも。

使用頻度にもよりますが、あまり使用しないのであれば1年に1回程度の交換で問題ないでしょう。

交換費用はメーカーなどによって違いはありますが、ゴム部分だけを張り替えるのであれば1,000円程度で交換が可能です。ゴムだけではなくブレードごと交換する場合は2,000円程で購入することができます。

また寒い地域ではワイパーを冬用に交換する必要があることを覚えておきましょう。冬用ワイパーは積雪や凍結に強いことが特徴です。夏用のものをそのまま使用していると傷んでしまうので、環境に合わせて付け替えるようにしましょう。

2-4 ヘッドライトのチェック

ヘッドライトは夜間の運転には欠かすことができないもの。当然ながら点灯しないまま走行していると、道路交通法にも違反してしまいますし最悪の場合、他人を殺めてしまうなんてことも。

最近の車であればLEDを使用していることが主流になりつつあります。そのためライトの寿命は長くなりましたが、光力が弱くなってきたと感じたら早めに交換することが大切です。

交換する場合の費用は、場所によって金額は異なりますが20,000円ほど。工賃は2,000円前後であることを覚えておきましょう。

しかし高級輸入車であれば、交換費用は50万円以上かかってしまうことも。またLEDヘッドライトであれば10万円以上かかることを覚えておきましょう。

2-5 ウォッシャー液の補充

ウィンドウォッシャー液は、フロントガラスが汚れた際に使用する洗剤です。確認方法はボンネットを開けて残量を確認する必要があります。外観からは判断ができないのでついつい補充を忘れがちに。

ウォッシャー液が切れていると当然ながら視界の悪化リスクが高まります。洗車をする際に点検することを習慣付けることがおすすめ。

費用は2Lのボトル1本で400円程度で購入することができます。ウォッシャー液はオイルとは違って、扱いやすいので自分でも簡単に補充できることがメリットです。

2-6 エアコンフィルターのチェック

エアコンフィルターも定期的にチャックを行いましょう。これはエアコンを使用時にホコリや花粉をガードしてくれるものです。

エアコンフィルターを交換せずに使用し続けてしまうと、溜まったホコリにカビが発生してしまい嫌な臭いを発生させてしまいます。また機能が低下したまま使用していると、空気の循環が悪化してしまうことも覚えておきましょう。エアコンの使用頻度が増える夏や冬の季節の前にフィルターを交換することがおすすめ。

エアコンフィルターを交換する際の費用は新車や中古車などで異なりますが、1,500〜4,000円程度です。

2-7 エンジンを守る大切な冷却水のチェック

冷却水はエンジンを冷やすための液体。これがなければエンジンの温度がどんどん上がっていき、オーバーヒートを起こしてしまうことも。

冷却水が入っているタンクはボンネットの中にあるエンジンルームに設置されています。タンクのキャップに冷却水(Coolant)と記載されているものが目印。車の仕様によって使用する冷却水が異なりますが、2L入りで2,000〜5,000円程度で購入することができます。

交換時期は2年に1回のタイミングで、車検に合わせて交換することがおすすめ。車の使用状況によっては、冷却水が減っていることもあるので定期的な確認は必要です。方法としては車内の水温計のメーターをチェックします。「Cから上がらない」または「Hから下がらない」状態であれば冷却水に異常が起きている可能性があるので、すぐに点検するようにしましょう。

3 業者に任せるメンテナンス

自分で行えるメンテナンス方法もあれば専門店に依頼する場合も。一般のドライバーではいじることができないようなメカニカルな部分のメンテナンスは、専門店に依頼するといいでしょう。

ここでは点検内容と頻度や、メンテナンスにかかるコストについて説明していきます。

3-1 エンジンオイル交換

エンジンオイルはエンジンの動作を円滑にするための潤滑油。車の心臓部分とも言えるエンジンに関わる部分なので、定期的にメンテナンスすることがポイント。

エンジンオイルの交換するタイミングは車の使用頻度にもよりますが、半年に1回程度が適切。走行距離で判断する場合は5,000〜6,000kmが最適です。メーカーによっても推奨時期が異なるので、車の説明書を確認しておきましょう。

エンジンオイルの費用は車の規格やメーカーによって異なりますが、1Lあたり1,000円程度のものが一般的。エンジンオイルが汚れていると、エンジン性能が低下し燃費も悪くなってしまうので注意が必要です。

3-2 オイルフィルター交換

オイルフィルターはオイルをろ過して汚れを取り除くためのもの。状態が悪くなればエンジンオイルの劣化も早くなるので注意が必要です。

オイルフィルターはエンジンの潤滑を維持するためにも、こまめな交換をしましょう。

交換頻度はエンジンオイルを2回交換する際に、オイルフィルターを1回交換することが目安です。費用はフィルター代と工賃を合わせて3,000円程度で交換できます。

3-3 タイヤのローテーション交換

タイヤ交換は4本全てを新しいものに変えるケースもあれば、タイヤの位置をローテーションさせる方法もあります。

車のタイヤは全てが同じ速度ですり減っていくわけではありません。つまり前後、内外での車輪で摩耗状況は異なります。取り付け位置をローテーションさせることで磨耗具合を調整することができるわけです。

ローテーションを行うタイミングは走行距離が5,000km。FF車のフロントタイヤは特に摩耗しやすいため、FF車はFR車より早めに行なうことがポイント。

もちろん使用状況によるので、修理工場やディーラーなどにタイヤの点検を行なって決定しましょう。タイヤの値段はメーカーや使用している素材によって異なりますが、1本あたり15,000〜20,000円が相場です。

タイヤのことについてさらに詳しく知りたいかたは是非、こちらもあわせてご覧ください。

3-4 バッテリー交換

カーバッテリーはエアコンやオーディオなどの電装品を作動させるものだけではなく、エンジンの起動時に欠かすことができないパーツの一つ。

バッテリー上がりの状態になるとエンジン自体がかからなくなってしまうことも。バッテリーの交換時期は3年が目安で、コストは5,000〜50,000円程度かかることを覚えておきましょう。

これは新車や中古車、または交換を依頼する場所によって金額は異なります。例えば純正品であれば20,000円が一般的。ディーラーで交換するとバッテリー本体で30,000円以上はかかってしまうことがほとんどです。

このように依頼する場所などでも金額が変動するので、あらかじめ問い合わせてみることをおすすめします。

3-5 エアクリーナー交換

エアクリーナーはエンジンに入る空気が通るフィルターのこと。エンジン内に虫や小さなゴミが入らないようにすることが役割です。

交換するタイミングは、一般的に走行距離10,000〜20,000kmを目安に交換するといいでしょう。

山の中や砂利道などホコリが立ちやすい場所を走行することが多いのであれば、早めに交換することをおすすめします。また年数で判断するのであれば1〜2年が目安。エアクリーナーを購入する場合は2,000〜3,000円程度と比較的コストはかかりません。エアクリーナーに汚れが溜まってしまうとろ過機能が低下してしまうので、二次被害に繋がることも考えられるので注意が必要です。

3-6 ブレーキオイル交換

ブレーキオイルはブレーキを作動させるために必要な油です。車は油圧ブレーキなのでオイルが劣化してしまうと、当然ながら自動車の走行をストップする際の利きが悪くなってしまいます。

ブレーキオイルは吸湿性が高いことが特徴で、使用期間が長くなればなるほど成分中に水分が多く含まれてしまいます。これによりブレーキオイルの劣化や周辺機器の錆の原因になることも。

2〜4年に1回の交換が一般的です。車検ごとに交換するか、車検2回ごとにブレーキオイルを1回交換するといいでしょう。かかる費用は5,000〜10,000円程度です。

4 メンテナンスを行う場所

専門的な部分を依頼する場合、当然ながらプロのスタッフに点検や修理をお願いしたいもの。どの形態の業者を選ぶかによっては結果が大きく差が出てしまうこともあります。

ここでは形態別にメリットやデメリットについて説明していきます。

4-1 メーカー車の構造を熟知しているディーラー

ディーラーでのメンテナンスや修理は、メーカーの純正パーツを使用してくれることがメリット。メーカー車の構造を熟知したスタッフが対応するので安心感も魅力の一つ。しかしながら純正パーツ自体の流通数が少ないため、汎用品に比べるとコストが抑えにくいことがネックです。

自動車をベストの状態で長持ちさせるために、まだ使えるパーツであっても交換をすすめられることもあります。自分自身で交換の必要性を判断するためにも、それぞれの交換頻度を理解しておくことが大切。

費用が高くなることがデメリットではあるものの、メーカーの保証期間内であれば修理費用がかからないなんてことも。交換パーツのコストだけで済む場合もあるので、保証を上手く利用できるといいですね。

4-2 メンテナンス費用が比較的安く済む、カー用品店

カー用品店は全国に店舗を構えているため、場所によっては予約をせずに当日でも対応してくれることがメリット。修理やメンテナンス費用が比較的、安く済むことも魅力の一つ。

ただトランスミッションや駆動系、電気系などの専門的な部分の修理は対応できないこともあるので注意しましょう。このような部分にはメーカー独自の技術が組み込まれていることが多いため、専門知識を持ったスタッフでないと対応ができません。

店舗によっては技術力やサービスの質にバラつきがあるため、信頼できる店舗を選ぶことが大切です。

4-3 オイルやタイヤ交換のことならガソリンスタンド

ガソリンスタンドは、オイル交換やタイヤ交換のサービスを提供していることが多いです。場所によっては即日車検や板金塗装などより専門的なサービスを実施している所も。

給油した際にタイヤの空気圧や残溝の確認、オイルチェックやバッテリー点検など、車の状態を知りたい時に便利です。現在ではセルフスタンドが主流となっているので、このようなメンテナンスサービスを受けられないこともしばしば。カー用品店同様に信頼できる店舗を見つけることが重要です。

4-4 愛車の修理や点検のことなら「ヴァベーネ」

ヴァベーネは旧車を中心に取り扱っている専門店。30年以上の信頼と実績があり、豊富な知識と確かな技術を持ったスタッフが対応します。そもそも旧車のパーツは流通数が少なく、一般的な整備工場であれば車を再生させることは難しいでしょう。

しかしヴァベーネでは自社内に整備工場を完備しているので、一般メンテナンスからフルレストアまでどんな修理や整備にも対応可能なことが最大の魅力。

旧車のことでお困りのことがあればお気軽にお問い合わせください。

まとめ

今回は車のメンテナンスについて、自分で実施できる部分と業者に依頼する部分について解説してきました。

車を保有すると2年に1度は車検があり、そこで不備が発見できれば部品交換するなどが一般的。しかし、定期的なチェックを行うことで余計なコストを抑えることができたりなどメリットが多いことも。

当記事が日々のメンテナンスの参考になれば幸いです。

豆知識一覧へ

TOP